100%営業代行、売上保証のフランチャイズ【ビル清掃のビルズ】

フランチャイズとは〜低リスクで自分の城を持てる仕組みを解説〜

「フランチャイズ」という単語を聞いて、みなさんはどんなイメージを持ちますか?

世の中では「儲かりそうかどうかわからない」「うまくいかなかった」など、ネガティブなイメージが先行してしまいがちなフランチャイズですが、実際のところどのような仕組みで「加盟店と本部が儲かるか」知っている人はあまり多くないと思います。

今回は、フランチャイズがどのように回っているのか、基本的な仕組みを解説いたします。

フランチャイズ=本部と加盟店がWin-Winになる仕組み

フランチャイズとは

フランチャイズとは、一言で示すと「パッケージ」が適切です。

パッケージの中身には、

  • 商品開発の仕組み
  • 広告や宣伝の仕組み
  • 接客のマニュアル
  • 流通の仕組み
  • ブランド

など、お店をすぐに始められるだけの「ノウハウ」が詰まっていると言えます

このノウハウは、大手コンビニチェーンや外食チェーンが数十年の経営を通してブラッシュアップしているものなので、信用度が高いものであると考えられます。

このパッケージを本部(フランチャイザー)が加盟店(フランチャイジー)に渡すことで、オーナーは店舗開業のハードルを低くすることができます

このパッケージを渡す代わりに加盟店は本部に対し、売り上げの一部を対価(ロイヤリティ)として渡します。

パッケージを渡し、その見返りにロイヤリティを貰う、そのwin-winのサイクルがフランチャイズの基本的な仕組みです。

フランチャイズの歴史〜100年以上続くビジネス形態〜

フランチャイズの歴史

フランチャイズが誕生したのは1850年ごろのアメリカであると言われています。

初期の頃は「販売権」を小売店に付与し、販売割合に対して対価を徴収し始めたのがきっかけだそう。

これが「ノウハウ」としてパッケージ化されて行き、チェーンとしてのブランド力を高めて言ったのがお馴染み「ケンタッキー・フライド・チキン」です。

 

この仕組みを輸入したのが日本のフランチャイズ。

1960年代に不二家やダスキンが本格的なフランチャイズ経営を導入したと言われています。

それからコンビニを始め外食チェーン、学習塾、清掃業などフランチャイズは様々な業態に広まって行きました。

現在フランチャイズ業界の市場規模は緩やかに成長し続けています

収支計画の立てやすいフランチャイズの中には、国からの補助金・助成金を受けられるものもあり、注目されている様子が伺えます。

ここから言える示唆は「フランチャイズは儲かる仕組みが確立しているからこそ100年以上続いてきた」ということです。

フランチャイズに関する詳しいお話は説明会でも解説いたします。

実際どれくらいかかるのか、出入金の設計は堅実に!

フランチャイズの開業資金

さて、簡単な仕組み・歴史を理解したところで、次気になる事項は「開業するまでにいくらかかるのか」などといった費用面のことではないでしょうか。

一般的な初期費用と内訳は以下のようになります。

  • 加盟金:50万円〜
  • ブランド使用料:25万円〜
  • 研修費:25万円〜
  • 厨房什器購入代金:60万〜
  • 内装工事費用:50万〜

合計すると210万円〜と、最低でも200万かかることがわかり、すぐには用意できない金額であることがわかります。

さらに開業後は給与、光熱費、水道代などの費用に加え、本部に払うロイヤリティも発生します。

したがって「早く開業したい」「少ない資金でいいから」など、甘い見積もりをすると資金繰りがすぐに難しくなることが容易に想像できるかと思います。

一方、始める前にきちんと将来の設計をし、「何年で費用を回収するか」と言った長期的な展望に立てるオーナーは堅実に成果を出していることも事実です

まとめ:フランチャイズに向いている人は○○な人です

フランチャイズに向いている人

いかがでしたか。

フランチャイズというと手軽さやハードルの低さにフォーカスがあたりがちですが、その仕組みをきちんと回し続けられることの方が重要です。

したがってフランチャイズでの独立・開業に向いている性格は以下が挙げられるといえます。

  • マニュアルに沿って、コツコツと努力・自力での改善ができる
  • 本部と密に連絡を取り合い、良好な関係を維持できる

ある程度敷かれたレールの上で、自分なりに工夫できるタイプであればフランチャイズは向いていると言えるでしょう
少しでも向いていると思った方や、もっと話を聞いてみたい方はぜひ一度資料請求・説明会に足をお運びください。

資料請求してみる
説明会の予約をする